スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by アレッサ
 
[スポンサー広告
ゴンちゃん、頑張ったね。
20070203132311.jpg

同じマンションに住む シーズーのゴンちゃんが 17歳と10ヶ月で旅立ちました。 最近 私もお散歩に出ないので、知ったのが昨日の晩だったのですが、ママさんのブログで26日に 亡くなっていたと・・・。
20070203133527.jpg

ローリーよりも一歳 年上だったのですが、ママと二人だけの暮らしだったので 残されたママの事を 心配しながらの旅立ちだった事でしょう。  でも、長いこと頑張ってくれましたよね。
最近は お散歩に出ることも なかったようですが、 ローリーが6月に旅立つ前には よく一緒にお散歩していました。
ローリーは 他のワンコのことは無視する方だったので、初めのうちは 何度も くっついてくるゴンちゃんに しぶしぶだったようですが、そのうち慣れて、いつの間にか大好き♪になっていました。
一緒に歩いていて ゴンちゃんが 何かに ひっかかって遅れると 必ず 来るまで待っていました。  うちの主人と3人で歩くときも 主人が どこかに ひっかかって遅れると 待っていましたから、ローリーにとっては主人と同じレベルだったようです。(^o^)
20070203132333.jpg

ゴンちゃんに、と思って 花束を作りました。
ママが赤い色を お好きなので 赤い色の花束・・白いお花では 寂しすぎる気もしました。
また 虹の橋を渡って行ってしまいましたが、きっとローリーが張り切って迎えに行ったのではないかな・・・と想像しています。
ローリー、ゴンちゃんをヨロシクね!
スポンサーサイト
Posted by アレッサ
comment:14   trackback:0
[アレックス]  thema:わんことの生活 - genre:ペット
comment
お二人だけで暮らされていたなら、、いずれは通る道と思えど、亡くされた悲しみは大変なものでしょう。
ゴンちゃんは、ローリーちゃんに迎えて貰って、仲良く遊んでいるでしょうね。
綺麗な花束ですね。

2007/02/03 16:31 | URL | edit posted by ミュー
お散歩の様子聞かせていただいて なんだか仲良く 歩く
ゴンちゃんとローリーちゃんの姿が眼に浮かびます

今度は 天国で仲良く遊んでいる事でしょうね
お寂しい 日がしばらく続くかもしれませんが
アレッサさんの 赤い花束で 
元気をだして 下さるんじゃないでしょうか
2007/02/03 17:09 | URL | edit posted by クロはち
ゴンちゃんのママさん お寂しいでしょうね~
いずれは渡らなければならない虹の橋 誰もがこの時を想像するとそれだけで悲しくなります。

そのお寂しさを癒して差し上げる アレッサさんのブーケ とっても可愛くて素敵!
ちゃんと立っていますね。
喜ばれたことでしょうね。
心から お悔やみ申し上げます。
2007/02/03 20:14 | URL | edit posted by pole pole
アレッサさんへ
ごんちゃんに 素晴らしいお花届けて下さって有り難うございます。 早速供えさせて頂きました。 ごんちゃんは もう充分頑張ってくれたので もうこれ以上頑張って とは言えませんでした。
お母さんも出来れば一緒に行ってあげたいけど、 行くところが違うからね。 ローリーちゃんも待っててくれてるから 心配ないよ と言い続けていました。 お散歩の時もいつも 待っていてくれたローリーちゃんでしたからね。 今頃は 歩ける様になって
二人?で元気に遊んでいるでしょうか?あなたのブログに載せて頂いて 皆様から お心のこもったコメントも読ませて頂きました。感謝です。 心にしみました。本当に有り難うございました。アレックスちゃんも順調に回復してるようですね。 大きいから
お世話大変でしょうけど 暖かくなる頃には 又 お散歩出来るようになるでしょう。又逢える時楽しみに 一日も早く全快する事祈っております。 淋しいです。お暇の折には お出かけください。お待ちしています。 
2007/02/03 20:54 | URL | edit posted by ごんちゃんまま1
17歳、ご長命でしたね。
 きっと、ごんちゃんままさんの
 すてきな愛情をたくさんうけて
 すてきな人生だったと思います。
 天国から、きっと、ままさんの
 事を見守って、そしてローリー
 ちゃんとも出逢っていますね。

 アレッサさんの優しい思いが
 つまったアレンジもとっても
 素敵です・・・。
 
 お悔やみ申し上げます。
2007/02/03 21:28 | URL | edit posted by HUKUHUKU
ごんちゃんママさん、さぞお寂しい事でしょうね。
ごんちゃん、充分がんばりましたね。
なんておりこうなわんちゃんなんでしょう。

天国では仲良しのローリーちゃんがいるし、
今までと同じように、ごんちゃんのご家族を
天国から見ているでしょう。

ごんちゃんママさんが1日でも早くお元気になられて天国のごんちゃんと笑って話せる日がくる事を願うばかりです。

ご冥福をお祈りします。。。
2007/02/04 00:01 | URL | edit posted by おきろん
ごんちゃん17歳と10ヶ月でしたか。。。。
ごんちゃんの事、そしてごんちゃんのママさんの事を思うと胸が痛くなります。
私達よりも寿命が短いのはわかっているけれど、、、それでも逝ってしまったら辛いです。。。。。

ごんちゃんはきっと虹の橋でローリーちゃんと走り回っている事でしょう。
そしてママさんの事を心配していているかもしれませんね。
ローリーちゃんをなくされたアレッサさんだからきっとごんちゃんのママさんのお気持ちをわかってさしあげられるのでしょう。
素敵なお花です。
ごんちゃんのママさんのお気持ちが少しでもやわらぎますように。
2007/02/04 05:17 | URL | edit posted by rudy-love-111
v-104 ミューさんへ

そうなんですよね、 ワンコを家族として迎えた
その日から、 やがて来る日を 覚悟しなければ
いけないんです。
それでも その哀しみ以上の 喜びを 私たちは
共有することが 出来るのだ! という思いの方が
結局は 強いですよね。

限りない幸福を 与えてくれますものね。
2007/02/04 13:30 | URL | edit posted by アレッサ
v-120 クロはちさんへ

今も 思い出しても 本当に幸福な情景です。
この幸せが いつまでも続けば・・・と 誰しも
思ってしまいます。
私も これで7ヶ月 経ちましたが、未だに喪失感は
とても強いです。 

幸せだったことだけを思い出して 乗り越えていくしか
ないのですよね。
2007/02/04 13:39 | URL | edit posted by アレッサ
v-121 pole poleさんへ

本当に、この気持ちは 動物と共に暮らす者には
あまりにも 解りすぎる 哀しみですよね。
私も ローリーが若いときから その時を想像しては
涙ぐんだりしていたものでした。

それでも 余りある喜びと幸せを あの子たちは 
与えてくれたな~と 感謝して 送らねば
いけないんですよね。

私も 皆さんから 頂いて お気持ちが
とても嬉しかったので、 お花を お送りしました。
2007/02/04 13:48 | URL | edit posted by アレッサ
v-119 ごんちゃんままへ


ローリーよりも 長く頑張ってくれた ごんちゃん。
17歳10ヶ月は 本当に えらかったと思います。

徘徊したり いろいろな所が 悪くなったりで 看病も
大変でしたね、 ママさんも お疲れ様でした。

歳を重ねる度に だんだんと覚悟をしていくのですが、
それでも 長く居てくれれば居てくれるほど 共に
暮らした思い出が増えるのですから それだけに
哀しみも 深いですよね。 
でも 幸せも その分 たくさん くれましたよね。

私も これで 7ヶ月、 未だに 二度と あの子に会えないんだ、という喪失感に 襲われます。
でも あまり哀しみすぎると 逝った子が心配しますものね。
特に 天寿を 全う出来たなら なおさら 
潔く 送ってあげなければ、と思うのですが
やっぱり 悲しいものは悲しい!
今は 思いっきり泣いちゃいましょうね。

そして 虹の橋の向こうで すっかり元気を取り戻して 
皆と走り回っている あの子たちを 想像して
いつか 笑ってください。
2007/02/04 14:03 | URL | edit posted by アレッサ
v-252 HUKUHUKUさんへ

お悔やみ、ありがとうございます。
ゴンちゃんも ママさんにも お気持ちが
伝わることと思います。

二人だけの暮らしだったので、とても密度が濃かったと
思うんです。 お互いに頼り、頼られての生活・・・。
なので 私も その日が来るのを とても不安に
思っていました。  ついに迎えてしまいましたが
とにかく 大往生してくれました。
病気や何かで 若くして逝かれてしまうと 後悔や
いろいろ 他の気持ちが入ってくると思うのですが・・。

なんとか 乗り越えてほしいなぁ、と 傍で応援しています!
2007/02/04 14:10 | URL | edit posted by アレッサ
v-108 おきろんさんへ

長く一緒にいましたからね・・・。
その分 歴史の重み というか、ありますよね。
ず~~っと当たり前のように 居たものが
いなくなってしまう その寂しさ。
いつも自然と目で探していた愛する姿を
もう二度と追うことが 出来ないのです。

いつも声をかけていたのに 声をかけられないんです。
いつか 必ず来る日、と覚悟はしていても
やはりね・・・。

でも ゴンちゃんには ローリーがいるから大丈夫!
心配なのは やっぱり ママさんですよね。 (T_T)
2007/02/04 14:18 | URL | edit posted by アレッサ
v-112 rudy-love111さんへ

身につまされちゃうでしょう?
わたし、ちょっぴり先輩面しちゃってるかもしれませんね。

17歳と10ヶ月です。
ずいぶん 長く生きてくれました、 感謝です!
歳と重ねれば 必ず多少なりとも 具合の悪い所も
出てきます。 そのくらいの 患いだったので、
ゴンちゃんは そういう意味においても とても
親孝行な良い子だったな~と思います。

虹の橋を渡った話は 聞くたびに つらいですが、
あの子達は 向こうで すっかり元気になって
走っているんですものね、 潔く 送り出して
あげなければ・・・ですよね!
2007/02/04 14:23 | URL | edit posted by アレッサ
comment posting














 

trackback URL
http://laurie1.blog63.fc2.com/tb.php/222-16e80497
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。