スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by アレッサ
 
[スポンサー広告
ローリーは天使になりました。
先日 19日未明の心臓の発作で入院し、元気に帰ってくる事を願っていたのですが・・・天使になってしまいました。 22日の夜(七時半)、旅立ちました。
20060624182625.jpg

19日夕方から入院して心臓肥大と肺気腫は 先生の大変な ご努力によって治りました。 たった二泊の21日夕方には一度 退院出来たのです。でも その晩は何も食べず何も飲まず、「ワンワン」、「ワンワン」と吼えながら徘徊し続けました。 オシッコもウンチも出ないし胃液を吐くだけ。 ますます疲れちゃうのに・・・でも止めてくれません。 翌日22日 また病院に行き、なかなか出来なかった血液検査をした結果、いつどうなっても…というくらいの最悪な数値である事が判りました。 肝炎、膵炎、腎炎 それに心臓。 時間との勝負という事もあり、入院中 薬漬けになっていました。 それがローリーの体力では ちょっとキツかったのでしょう…。 このままでは脱水症状にもなるし、尿毒症にもなる。出来ることは点滴なのですが、腎臓と心臓の病気の治療は全く逆のことをしなければなりません。 折り合いを付けながら わずかずつを入れて行く為、時間がかかるわけです。その晩は2時間の点滴後、家に帰り また明日は朝から夕方まで・・・という予定になりました。
7時に迎えに行った時は 身体も熱く、息もハアハアして不安でしたが私が運転し、友人が助手席で抱っこしてくれたので助かりました。
家の駐車場に着いて受け取った時は まだ微かに心臓の鼓動を感じ、吼えようとでもしたのか カクン カクンと口を明ける動きを数回したと思ったら 静かになって・・・心臓の鼓動も止まってしまいました。 私の腕の中で逝ってくれました、待っていたかのように・・・。
先生にまた電話して 診察して頂き、死亡を確認しました。
それでも 肺気腫を治して頂けたから さほど苦しまずに済んだのだと思います。いつか必ず来る日が来たわけで、それが安らかであって欲しいと ひたすら望んでいましたので救われました。 
とにかく限界だったんですね、何をしたって どうにもならない所まで来ていました。 これ以上 生きたらもっと苦しかったのだと思うから あまり苦しくならないうちにローリーはサヨナラしたのだと思います。
いつか必ず来る日・・・ 最初から覚悟して飼い始めるけれど やっぱり寂しい。 何しろ16年間 この子中心に暮らしていましたから・・・でも その間、私たちは本当に幸せだったのですから我慢しなくちゃいけませんよね。 最後は薬のせいか 私のことも判っていない感じでした。プチ認知から始まって、体力がないはずなのに一晩中 吠えながら徘徊したり・・・少しずつ私の心の準備が出来るようにしてくれてたのかなぁ、と思ってしまいます。 二日間書き込みもお休みしましたが、私がちゃんとしていないと ローリーが心配しますものね! 
スポンサーサイト
Posted by アレッサ
comment:11   trackback:0
[ローリー
comment
ローリーちゃん、天使になったのですね。
16年もアレッサさん、ご家族、お友達にかわいがられて、とってもとっても幸せな犬生でしたね。
この頃はローリーちゃんのストレスがないように、
寝ている間にお出かけするという話を聞いて、
アレッサさんがどんなに大切に思っているか私にも分かりましたし、
そのおかげでローリーちゃんは本当に毎日安心して過ごせたのだと思います。

アレッサさん、お疲れさまでした。
ご自分に優しいことして、心を癒してくださいね。

ローリーちゃんとは実際に会ったことはないけど、
会ったことがあるような気がしていました。
きっと今頃天国でアレッサさんたちを見守りながら、楽しく遊んでいることでしょう。
心よりご冥福をお祈り致します。
2006/06/25 12:23 | URL | edit posted by まーきち
まーきちさんへ
v-252ありがとうございます!
ローリーは慢性膵炎だったので、途中からジャーキーとか全然食べられなくて可哀想だったの。
でも これで何でも食べられて、元気いっぱいに走り回っているんだな~と思います。
まーきちさんも 去年の9月、悲しいお別れをしましたもんね。 この2月にもお友達が経験したばかり・・なので、皆な乗り越えているんだから!!と気合を入れています。
2006/06/25 13:36 | URL | edit posted by アレッサ
ローリーちゃんありがとう
そしてアレッサさんお疲れ様。
何回も何回もここに来たんですけど、22日以降更新されていなくて、心配でした。
きっと頑張っているのだろう。。。と思っていました。
今これを読んで、涙が止まりません。。。
アレッサさんとは会った事はありませんが、どんなにローリーちゃんを可愛がっていたかブログを読んですぐにわかりました。
少しの間思い出して寂しくなっちゃうと思うけど、頑張ってくださいね。
薔薇のお写真いつも楽しみにしてますから。。。


2006/06/25 15:43 | URL | edit posted by おきろん
ローリーちゃん虹の国に行ったのですね。。。
アレッサさんの腕の中で、、きっと、きっとローリーちゃん分かっていたと思います。。
わかっていても、わかっていても、でも、、、
ルディの事も重なって、、、
ローリーちゃん病院で一人で逝ってしまわないで良かった。。
最後がさびしくなくて良かったです。。。
私も持っています。ルディの歯。。
赤ちゃんだった頃抜け替わったときに抜けた歯を取ってあります。。
アレッサさん、ローリーちゃん幸せだったと思います。
とても、とても。。。。
2006/06/25 15:43 | URL | edit posted by rudy-love111
わが家にいた子で4歳で、留守中に突然亡くなってしまった子がいるの。
ローリーちゃん、ひとりぼっちじゃなかったから、幸せだったね。アレッサさんと一緒でよかったね。天国でいっぱい走ってるよ!!
2006/06/25 16:15 | URL | edit posted by bluerose
ごんちゃんも ごんちゃんママもローリーちゃんが大好きでした。 お散歩の時も ごんちゃんを立ち止まって 振り返って 待っていてくれていましたね。 最近は ごんちゃんも 目が見えなくて ローリーちゃんの匂いで 懐かしそうに 尻尾を振っていましたっけ。16歳のお誕生日を迎えたばかりだったのに・・・・。残念です。寂しいです。 ごんちゃんも そう遠くない将来 お別れなのかと思うと堪りません。 ローリーちゃんは華奢な体で よくこれまで頑張りましたね あなたの愛と気配りのたまものと思います。今のあなたの胸中いかばかりかとお察ししますが せめて最後はあなたの腕の中で 安らかになった事を良かったと 思われて耐えて下さい。 ローリーちゃんの最後の写真 ごんちゃんにも見せてあげて 今 泣いています。


2006/06/25 17:34 | URL | edit posted by ごんちゃんママ
ローリーちゃん 君がいなくなって とても寂しいよ。僕は君が大好きだったから 元気になって もう一度逢いたかったよ。  僕も あまり元気とは言えないけどもう少し頑張れそうなんだ! お散歩に行っても もうローリーちゃんには逢えないと思うと 悲しい・・・。長い間 仲良くしてくれて本当に有り難う。 僕が天国に行った時は 又仲良くしてね。そして 天国を迷子にならないように案内してね。                                      ごえもんより
2006/06/25 20:33 | URL | edit posted by ごんちゃんママ
おきろんさんへ
v-171何度も来て下さったんですね、本当に有り難うございました。
私の未熟なバラ写真を楽しみに・・・なんて照れちゃいます。  私も気にせず外出出来るようになっちゃったので、六本木ヒルズでも そのうち案内して下さいね!!
2006/06/25 22:10 | URL | edit posted by アレッサ
rudy-love111さんへ
v-104私が今持っているローリーの歯は、比較的最近 抜けた歯なんですよ。  一昨年の夏の朝、起きてこないから心配したら 目の下が腫れてグッタリ・・・マズイ!!と思ったら結局虫歯だったという、今になれば笑い話の虫歯の歯(実はそれは 最期までしぶとく残ってた)です。 歳を取ると どんどん抜けていくから ご飯が食べられないかと心配の種でしたよ。
2006/06/25 22:19 | URL | edit posted by アレッサ
blueroseさんへ
v-82そうなの? お家に帰って そんなことになっていたらショックで悲しかったでしょう?  本当に私が見取ってあげられて良かったと思っています。
2006/06/25 22:21 | URL | edit posted by アレッサ
ごんちゃん&ごんちゃんママへ
v-253最期の方は お散歩の時間がずれていたし 歩く距離もお互いに少なくなったから 滅多に会えなかったですね。
最初は鬱陶しがっていたローリーですが、途中からは馴れて ごんちゃんが大好きになっていましたよね。
ごんちゃんが先を歩くと後ろからトコトコ行くし、後ろで道草していると ローリーったら必ず ごんちゃんが追いつくまで待っていましたよね。  微笑ましかったですね。  主人が一緒のお散歩のときも、主人が道草していると 同じ扱いしてました。 ローリーにとって ごんちゃんと主人、同じレベルなんですね。(^・^)
2006/06/25 22:27 | URL | edit posted by アレッサ
comment posting














 

trackback URL
http://laurie1.blog63.fc2.com/tb.php/78-57888fa1
trackback
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。